資格取得のための学習期間を濃密に|行政書士や言語聴覚士を目指そう

リハビリを指導する専門家

診断

チームでリハビリを指導

人は日常生活をする中で、人と人とがお互いの気持ちを伝えたり気持ちを考えたりするために、言葉を使い、お互いのことを分かりあいながら生活をしています。この言葉は、生まれつきの病気や障害、交通事故などによって機能が損なわれてしまい、言葉によるコミュニケーションが不自由になってしまう人がいます。言語聴覚士とは、言葉を話したり聴いたりすることに問題がある人の言語能力などを回復させるためのリハビリを指導する仕事です。言語聴覚士は高度な知識を持っていますが、言語聴覚士単独でリハビリなどが上手くいくことはほとんど無く、他の医療専門職の人や介護福祉士や教師などとチームを組みながら訓練や助言などを行ったり、援助をしていきます。言語聴覚士になるためには、高校を卒業した人と、大学を卒業した人とでは、出身した学校によって国家試験の受験資格を得るまでのコースが違います。

国家試験の受験資格

言語聴覚士になるためには、次にあげる学校などを卒業しなければ国家試験の受験資格を得ることができません。高校を卒業した人は、文部科学大臣が指定した大学や短大、都道府県知事が指定した言語聴覚士養成所を卒業すると国家試験の受験資格を得ることができます。一般の大学を卒業した人のは、指定されている大学や大学院の専攻科か専修学校を卒業すると国家試験の受験資格を得ることができます。また、これらとは別に、大学などで言語聴覚士の養成に関わっている科目をすでに一定基準習得している人は、その人を対象とした指定校で学ぶ方法もあります。外国で言語聴覚士の学業を修めている人は、厚生労働大臣に認定されれば国家試験の受験資格が得られます。言語聴覚士は学校でリハビリの技術などを学ぶだけではなく、精神面などに対する心のケアもできるように学ぶ必要があります。