資格取得のための学習期間を濃密に|行政書士や言語聴覚士を目指そう

必要とされる人に

ウーマン

ビジネス系の資格は、就職や転職、起業する時にも大活躍するでしょう。合格率が低い方が難しいので、企業側としても即戦力となるのではないかと思って、より就職や転職で有利になるでしょう。学校に通って勉強すると良いかもしれません。

おすすめの勉強方法

スーツの人

資格

ドラマや映画でも行政書士という言葉を耳にすることが多いと思います。難しそうな名前ですが、簡単にいうと行政書士とは会社や個人などの代わりに役所に書類の提出を行う事ができる国家資格のことです。例えば「会社を設立したい」という場合、役所に書類を提出しなくてはいけません。会社設立だけでも税務に関して税務署、社会保険に関して年金事務所など、様々な書類を提出しなくてはいけません。こうした提出を怠ってしまうと、法律違反になってしまうこともあります。行政書士の資格を持った人はこうした書類を代わりに提出する仕事を行う為、代筆屋とも呼ばれています。行政書士は国家資格です。特に難しいと言われている公認会計士は、資格をとるまでの学習期間が3年以上と言われています。行政書士の学習期間はこれよりも短く、1年以上と言われています。

通信講座が便利

資格をとる為の方法はいくつかあります。一つは市販の教材を利用して勉強する方法です。行政書士の資格を取るための教材も本屋では沢山取り扱っています。しかし、行政書士の合格率については27年度で13%と、極めて厳しいものです。いくら勉強する時間を沢山とれても、効率のいい学習方法を取り入れなくては合格するまで時間がかかってしまいます。受験料も一度で7千円かかってしまうため、長引くと経済的にもきつい状況になってしまいます。学習期間を短く、効率の良いものにするのにおすすめなのが通信講座です。行政書士になるためには平均で1000時間勉強しなくてはいけない計算になります。市販の教材はどのような問題が出ても大丈夫なように作られていますが、通信講座は過去のデータなどから特に重要な部分にしぼって書かれています。そのため効率よく勉強することができ、学習期間を短くすることができます。

リハビリを指導する専門家

診断

言語聴覚士は、生まれつきの障害や事故などによって損なわれてしまった言葉の機能などを回復させるためのリハビリを指導する仕事です。言語聴覚士の国家試験を受験するための資格を得るには、高校を卒業した人、大学を卒業した人とでは、卒業した後の学校が違ってきます。

幅広い知識を身につけます

女性

保育士になるには短期大学や専門学校を卒業したのにち、資格を取得する必要があります。一定のカリキュラムを終了することによって受験資格を得ることができることから、必ず大学などの教育機関を利用する必要があるのです。